2016年02月12日

押し入れに本棚をA

さて、前回の記事http://house-mother.sblo.jp/article/173952290.htmlのつづき。

あとで聞いてみるとビックリのトラブルに
途中で見舞われながらも、無事に完成しました。

大容量の書棚
IMG_0088.JPG

左側の押入れ部分は代りばえしないように見えますが
作り直した押し入れは新しい木のいい匂いがします。
IMG_0090.JPG

全体像はこちら
IMG_0086.JPG

元々は壁だった長押より上の部分も戸棚になり
その分、収納スペースが少し広がりました。
段差があると引き出せない引き出し式書棚の前は
畳を切ってフローリングにして
左部分の扉は吊戸になっています。
切った畳も段差が出来ないように
丁寧に微調整して入れました。

そして、この書棚自体が家具職人さんの自信作。
随分苦心して作製されたのか、
「あれはええで〜」っと頻りに言っておりました。


実は、まだオマケがあって、
それはまた後日、工事を終えましたら
お伝えしたいと思います。


posted by pal at 15:26| Comment(0) | 収納を考える
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: